So-net無料ブログ作成
ちょっとした出来事 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

美味しいパンをみつけて [ちょっとした出来事]

最近「食物繊維も多いらしいし、ライ麦パンを食べてみようかな」と出かけた先であちこち探しています。ライ麦が入ったパンは大手のパンメーカーからもたくさん出ていますし、有名なパン屋さんでも見かけるのですが「ライ麦だぁ」と思えるずっしりしたものにはなかなか出会えませんでした。
ところが「灯台下暗し」と言うのか、地元のパン屋さんで出会えました。
9C3D4E3E-5CB6-4F89-8BF8-FF3B57A7631D.jpeg
左がライ麦パンで、右側がカンパーニュ。
持ってみるとずっしり重量があります。
企業秘密で配合量は教えてもらえませんが、食べた感じでもライ麦粉が半分をかるーく越えた量が使われているように感じます。
カンパーニュも自家製酵母を使ってあり、香ばしく美味しいです。
今日は午前中が忙しかったのでお昼用にお弁当を用意して、パン屋さんでロールパンも調達してそのままウォーキングに行きました。
ナイフがないとライ麦パンもカンパーニュも食べられないので。

F0384B81-A2E1-4015-99AC-A3CAA69926D3.jpeg
池を見渡すテーブルのあたりには小さな子供さんたちが大勢遊んでいたので、お花を見ながらいただくことにしました。
ハムはヒラボクのコメ育ちロースハムです。
我が家の冷蔵庫には数種類の常備菜があるのですが人参ラペ、酢玉ねぎ、切り昆布の酢煮、茹で大豆は基本的に切らさないようにしています。
きゅうりも漬物ではなく、かるーく塩をして使いやすい量に切り分けてあります。

9E6B11FD-D433-40CF-A977-291E837D66F7.jpeg
歩きながら自然の中の花を見るのが好きです。
D1ED5CD4-C4A6-4BCF-834C-45E4D75E9282.jpegD0541D4B-AAD3-49B1-90C8-A1F0293D378C.jpeg

タグ:ライ麦パン
nice!(10)  コメント(4) 

田植えの季節 [ちょっとした出来事]

田んぼに水が張られているなぁと思っていたら、どんどん田植えが進んでいました。
96F6636E-16A3-4D53-90C8-449B533A4F07.jpegF7A6916F-318E-4AAA-AD44-0B870C8358EC.jpeg
この辺りの田んぼには水栓があります。
こちらに住み始めた当初(数十年前)には??ばかりでした。
でも考えて見ると、たくさんのため池や、愛知用水などのある理由を考えれば納得なのです。そう、たしかに社会科の授業で習いました。数十年前に。
と、今では当たり前に見ているこの景色です。

最近、豆を挽いてコーヒーを淹れる事を楽しんでいます。食に制限がある分だけ小さな楽しみを見つけようとあれこれ試しているのですが、今ホイップミルクにはまっています。
76D39F4E-90B0-4B61-A95E-75B0B24C63EC.jpeg
ちょっとだけ温めたミルクをホイップして、淹れたてのコーヒーの上に。
右のカップはホイップ用のステンレスカップで奥に立ててあるのがホイッパーです。
まだ、絵はかけませんが、ホイップしたミルクの感触を楽しんでいます。ちなみに私は低脂肪乳を使っています。ほんの少量のミルクがボワっと泡だつのは楽しいですよ。

そのうち、制限のある食事や日々の生活の中からブログ記事にできるような楽しいことをご紹介できればと思っています。

つまらない話ですが…。
先日、一歳9ヶ月の孫から電話がかかって来ました。もちろん、ほぼ会話にはなりません。
そして、突然ぷつんと切れました。
頭の中をいろんなことが駆け巡りました。
多分いたずらだろうと思いつつも、母親である娘が倒れたんじゃないかとか、孫に何かあって切れたのかとか。
引っ越したばかりで知り合いも近くにはいません。娘のお婿さんにまでメールしてしまいました。
結局皆無事で、娘がいない間に孫がスマホをいたずらしていて偶然私のスマホにつながってしまったようなのですが、本気で心配しました。
でも、ほんの短い時間ですが通じない会話を楽しんで大満足の孫バカな私でした。


nice!(9)  コメント(7) 

春の帰省...そしてこの半年 [ちょっとした出来事]

今年も春が来たので昨秋に作業した実家の雪囲いをはずしに行ってきました。
昨年は3月中に行けたのですが、夫の用が続いて週末の予定が詰まり4月の第一週になってしまいました。
でも、まだまだ山には雪が残っていました。
IMG_2293.JPG


二月の大雪では実家の辺りでも大変な大雪でした。
市内の交通機関は休止し、休校休園。JRのローカル線は思いのほか長く不通。
もともと高齢の両親は乗り合いタクシー利用が多く、JRの利用は滅多にしませんが、通勤通学に利用していた皆さんは大変だったと思います。
大雪の直前に通院先でお薬を頂き、買い物もしてきたばかりだった母はそんなに慌てていることもありませんでした。
もともと雪の多い実家の辺りですので生活の心構えはできていますが、毎年屋根の雪下ろしが大きな気がかり。
他所の方のお世話になってばかりなのですが、今年の豪雪では近所のお宅でも屋根の瓦が割れている部分が見かけられました。実家でも数枚交換していただいたようです。
前回の豪雪は私が長男を出産した年(昭和55~56年)の年末年始。
その前の記憶は私の小学生の頃、いわゆる38(サンパチ)豪雪でした。
今回も屋根のひさしの辺りまで屋根からおろした雪で埋まったそうです。
もちろんもう家の周囲には雪はありませんでしたが、市内のショッピングセンターの広い駐車場には雪捨て場になっていたと思われる大きな大きな雪の塊が。そこにスーパーマーケットが一つ埋まっているかと思うくらいの量でした。

自宅の辺りでは桜が散り八重桜に移ろうとしている時期でしたが、実家周辺はソメイヨシノが満開。
庭の片隅にはヒヤシンスの花が。
IMG_2294.JPG
雪山を背景にした桜が綺麗でした。
IMG_2296.JPG
作業の合間に日課のウォーキング。
昔の通学路をてくてく歩くとその頃と同じようにカタクリの花が咲いていました。
IMG_2297.JPG





ちょっと時期遅れとなりましたが、毎年恒例の自宅周辺の桜ショットと春のお花を。
IMG_2284.JPG

P1010008.JPG

P1010018.JPG

IMG_2278.JPG

IMG_2277.JPG



前回の記事にも書きましたが、昨秋から生活を変えました。
食事療法と運動療法を積極的に実行することで生活が変わったのですが、まだまだ手探りです。
でも、コンサートに行ったり、たま~に外食したり、お弁当をもって出かけたり、これまでの楽しみを続けられるように頑張っています。出来れば旅行にも行きたいし。
この半年でその結果として大幅減量出来たのですが(標準体重にはまだちょっとですが)一つ困ったことは洋服のサイズも変わったこと。そして、合うサイズがわからないのです。
昨年の春に購入して一度も着ていないスーツのサイズが合わなくなったことは残念。
サイズ直し、できるかしら??
もうちょっと体力をつけて疲れにくくなることが次の目標です。



そして、長くこのブログでテーマにしてきた家庭菜園ですが知り合いの方のご厚意でお引っ越ししました。今度は田んぼの中の畑。春になりブロッコリーや水菜の収穫は終わり、今はスナップエンドウやかき菜、早生の玉ねぎを収穫中。春キャベツがもうすぐ採れ始めそうです。
これまでの畑でも歩いていくことはありましたが、今度の畑はもう少し近くなったのでウォーキングがてら収穫に行けそうです。という事でブログタイトルの変更はとりあえずしません。




久しぶりに長くパソコンの前に座りました。
今日は雨。
雨があがったら気温が上がり温かくなるようです。







久しぶりに長くパソコンの前に座りました
nice!(10)  コメント(6) 

10月の記憶 [ちょっとした出来事]

またまた、月に一回の更新になりそうですので慌ててまとめて記事に。
散歩の景色から。
実る稲穂。
IMG_1961.JPG
そして、通りがかりの畑のコスモス。
IMG_1952.JPG
バラを取り囲むように咲いています。
IMG_1953.JPG

そして、夕暮れ時の景色も秋だなぁと。
IMG_1966.JPG

最近の夫の作品です。
IMG_1954.JPG
孫が来た時のベビーガードともいうべきフェンス。
台所への侵入防止です。グリルに手が届いてしまうのでとっても危険。
IMG_1955.JPG
鍵も付けました。

そして、チャイルドシートを普段は取り外しているので箱を物置部屋においているのですが空間の有効利用のために。箱が大きいんですよ。
IMG_1940.JPG
IMG_1941.JPG
これである程度までの重さのものなら載せておくことが出来ます。
ちなみに台所侵入を防ぐフェンスは取り外せるようにしてあり、この箱の周囲を囲むように立てて収納しておけます。
週末のお天気が悪いと畑に行けないので日曜大工をあれこれ。


ちょっと嫌な話になりますが、
多額の費用が使われた選挙も終わり、思うところはあれこれあれど「終わったなぁ」と一息ついているとわけのわからないはがきが一通。
IMG_1968.JPG
新しい詐欺です。
皆さんのところには来ていませんか?
各自治体のホームページや消費者相談センターなどでも分かりますが、法務省のホームページにも出ています。
法務省のホームページのリンクを入れておきます。
「相手にしない。無視する。」ということで。
不安になっても確認の電話などは絶対しちゃだめだそうですよ。
期日が書かれていますが、はがきの到着が期日の当日か前日ギリギリというタイミングなので、こんな詐欺があると知らない方の中には電話しちゃう方もいるのじゃないかと心配です。ネットなどの情報源を持たない方には知らせておいてあげると良いのではないかと思います。
電話だけじゃないんですね。
いやな世の中になったもんです。





nice!(15)  コメント(8) 

実りの秋 [ちょっとした出来事]

ひと月半ぶりに帰省。
道中コスモスや彼岸花が秋を感じさせました。
実家の周囲で栗拾いをしたりミョウガを採ったり。
IMG_1951.JPG
お店で見つけたフクラギ(ぶりの成長途中のお魚)をお刺身におろしたり、家から持参した野菜を調理したり。
うっかり忘れものをして予定していたことが出来なかったりもしましたが、次回に持ち越しました。


母が「古米だから」と、残っていたもち米で大量の栗おこわを蒸していました。
83歳であちこち問題だらけだといつも愚痴っている母のキリッとした姿が美しく見えたり。
昔は普通に見ていた光景が新鮮で、今更ながら巨大なお鍋やせいろに驚き、以前の家族の多さを実感しました。


スーパーでアケビを発見。
IMG_1946.JPG
隣にちょっと見えているのがナツメの実ですから小ささがお分かりいただけるでしょうか?
よくお料理用に売られているものに比べると半分以下かもしれません。

この日は両親から初めてのお米を紹介されました。
「いちほまれ」というお米で、コシヒカリ誕生の地福井県が開発したブランド米です。

近年の夏の高温により全国的に米の品質の低下が問題視される中で「コシヒカリ」を超える新たな品種を開発しようと平成23年に取り組みが始まったそうです。
1消費者の好みに合った味わいのある『おいしい』品種
2夏の暑さでもきれいに実り、おいしい味を実現し、倒れにくい品種
3病気に強く、有機質肥料で安定して栽培でき、農薬や化学肥料の使用を減らし、ふるさと福井の自然に負荷が少ない『環境にやさしい』品種
と言う訳で、昨年末に6年の歳月をかけて誕生。
それから名前を公募し「いちほまれ」と名付けられました。
「日本一(いち)美味しい、誉れ(ほまれ)高きお米」となってほしいという願いが込められているそうです。
帰宅後、袋の裏書に従って炊飯してみました。
IMG_1949.JPG

IMG_1950.JPG

炊きあがりもとっても綺麗です。
夫と二人で試食。
「おいしいね!」
お米もいろんなタイプのものがあって好みもいろいろだと思いますが、コシヒカリをお好みの方にはお勧めします。
もともと実家の辺りは気候や水の関係なのか、お米が美味しいと思ってはいたのですが、それでもより美味しいように思いました。


朝夕涼しくなったこの頃ですが、実家の辺りは山に囲まれておりかなり寒く感じました。
両親は朝夕ファンヒーターを使い始めたそうです。
次回は雪囲いです。
時間がながれるのが早く感じ始めているこの頃です。


「いちほまれ」についてはこちら。
https://ichihomare.fukui.jp/about/index.html

nice!(15)  コメント(2) 

小さなキノコ工場へ [ちょっとした出来事]

今年は夫の会社のお盆休みがカレンダーの関係で9連休になりました。 これは夫が入社以来二度目かもしれないという長さで、これまで懸案だったことをあれこれと片づける事が出来ました。(粗大ごみや家電の処分など) そのうちの一つ、知り合いの方のキノコ工場へ行くこと。 菌床栽培のキノコを栽培されています。 私が記事に書きたいなと思ったのは、あまり出回っていないキノコを栽培されているから。 「タモギタケ」という茸をご存知でしょうか?(Wikipediaのリンクを入れました) タモギタケは成分的には老化防止剤の素になる。タモギタケのエキス剤は血糖低下効果から研究されており、高血糖のラットで血糖値を減少させている。脂肪減少薬品の原料としても研究されており、タモギタケと関連するヒラタケ類はコレステロール低下物質のロバスタチンを含むことが判明している。そのほかにも血圧上昇抑制作用や抗腫瘍作用などがあるとされる。Wikipediaより 以前にも記事にした事がありますがとても綺麗な色のキノコです。 IMG_1896.JPG これはちょっと開きすぎだそうで、おみやげにいただきました。 美味しいんですよ。 良い成分をたくさん含んでいて美味しいのですが、しめじやシイタケ、エノキの様には周知されていないようです。 栽培されているお部屋はミストが流されています。 産地を選んでセシウム検査済みのチップを使ってお隣の三重県で作られた菌床を使っています。 という事で、純国産です。 今栽培しているのはタモギタケときくらげですがシイタケも始めたそうです。 見学時には可愛いシイタケが育っていました。 IMG_1895.JPG 天井にぶら下がっているのは蠅取り紙です。 キノコ特有のコバエがどうしても発生するそうですが安全のために蠅取り紙を。 そしてパック詰めの際にテデトール。 詰める人とパックする人、二人の目を皿にしています。 この日は息子さんたちとお母様の三人だけで作業中。 収穫したキノコを選別しながらパック詰め中。 IMG_1894.JPG IMG_1893.JPG 生のキクラゲもスーパーでは少ないですよね。 IMG_1892.JPG こちらではタモギタケの乾燥したものも販売されています。 IMG_1891.JPG 干ししいたけとは又違った戻し汁の美味しさです。 今回はあえて他の強い味の食材を使わずに茹でた鶏ささみを入れて炊き込みご飯にしました。 IMG_1900.JPG お塩だけの味付け。 生姜と青紫蘇を載せました。 生キクラゲは中華のトマト炒めにも美味しいですよ。 調理例として以前の記事のアドレスを参考に。 http://bluesky-green.blog.so-net.ne.jp/2015-05-11 http://bluesky-green.blog.so-net.ne.jp/2015-05-01 電話でのお取り寄せにも対応なさっているそうですよ。 IMG_1897.JPG
nice!(8)  コメント(0) 

グリーンカーテンと梅仕事の全容。。。6月下旬 [ちょっとした出来事]

今年のグリーンカーテンは昨年に比べて不調です。
IMG_1575.JPG
どうも育ちが悪いので風船カズラを蒔いたのですがなかなか発芽しないので諦めて朝顔を蒔きました。その結果、今一つのプランターに三種類の植物が...。
IMG_1576.JPG
なんでもいいから葉陰が出来たら良いのですが、どうなる事でしょう?



前記事の梅仕事はこんな様子です。
IMG_1572.JPG
手前の小瓶3つは梅ジャム、白いふたがしょうゆ漬け、ビニール袋が梅干し用の塩漬け(この上に置き蓋をして1~2キロの重しを)白とグレーの蓋が味噌漬け、その隣が梅サワー漬け、種取り刻み梅のブランデー酒。奥の赤い蓋の右が4キロ瓶に梅シロップ1キロ、隣の手前が砂糖漬け500グラム、その後ろの瓶二つが小梅漬け(紫蘇入り)。一番奥5キロ瓶が梅干し(紫蘇入り)で、これには40%のスピリッツを浸したキッチンペーパーでカビよけをしてあります。
どの瓶も煮沸したり熱湯をかけたりスピリッツで拭いたりしてから使用しています。
(この画像には甘いカリカリ梅(青梅使用)はありません)
ちなみに塩漬け中の梅は赤い色が付いたものと無いものに分けて漬けました。
IMG_1574.JPG
よく見るとあがってきた梅酢の色が違うのがわかります。これは白梅漬けにして、梅酢を取り分ける予定です。
そして梅シロップは凍らせた黄梅と氷砂糖各1キロ使用ですが、これは二日目。
IMG_1568.JPG
一週間以上過ぎた今はかなり梅がしわしわです。
おかげさまで発酵することもなく順調です。




nice!(17)  コメント(3) 

6月の帰省と梅仕事 [ちょっとした出来事]

月に一度の帰省。今月は中旬になりました。
先月に比べると山の残雪は標高の高い山だけに見られるようになりました。
この日も快晴で解禁になった川ではアユ釣りの皆さんの姿が。
IMG_1547.JPG
気持ちよさそうです。

ダム湖の湖面も鏡の様でした。
IMG_1556.JPG
少し先のあたりでは細かいさざ波が立っていたのですが、この辺りは思わず車を止めて撮影したくなるような美しさでした。

翌日、帰路には少し波立って空も曇りがち。
IMG_1560.JPG
観光バスツアーの皆さんが散策中でした。

実家の台所の脇の山椒の葉が柔らかそうだったので、摘んでサトイモの田楽にしてみました。
IMG_1561.JPG
山椒たっぷり、お味噌ちょっぴりで舌にピリピリしびれるような独特の風味です。

帰りの道の駅ではマルベリーの実を。
パックに一緒に入っていた葉と果実。
IMG_1564.JPG
左上の紫に熟したものをジャムにしました。
IMG_1565.JPG



今月は梅仕事の月。
月初めには小梅が届き梅干しに。
昨年の小梅の色がいまいちだったので今年の分と一緒に赤紫蘇を追加しました。

次に青梅が届き、実家の母が好きなので甘いカリカリ梅を自宅の分と合わせて4キロ。

そして注文しておいた三キロのいろみ梅を待って今年の梅仕事は終わりだわと思っていました。
が、某親族の注文間違いで大量(10キロ!!!)に届いた梅を引き受けるながれになり、梅仕事が増える事に。

と言う訳で、今週は週の初めから毎日梅三昧。
私の注文した3キロの梅を塩漬けにして「梅酢があがってきたな」と思っているところへ某娘からの梅が6キロ。
配達から日が経っており、更に転送で傷みが心配です。
まずは選別をして用途を決めました。
3キロを梅干し用に塩漬けにして残りを梅シロップ1キロ、砂糖漬け500グラム、味噌漬け500グラム、ジャムは500グラムと古い梅酒の梅をプラス、残りを少量づつ小ぶりの瓶に サワー、しょうゆ漬け、梅酒などを。

しばらくは梅シロップの管理と塩漬け梅の管理に気を配らなくてはなりません。
(美味しくなあれと呪文を唱えながら)

今日は一気に梅を片づけて疲れたので画像はまた後日。

ちなみに今回は大量の梅干しの仕込みになったので例年よりも塩分を増やしましたが、冷蔵庫に入る程度の量で作っている例年は10パーセントの塩漬けで作っています。
土用干し後は梅酢とは別にして流し台の下に。
皆さんはどれくらいの塩分で漬けられますか?






nice!(13)  コメント(3) 

漸く復調? [ちょっとした出来事]

長かった風邪が漸く快方に向かい始めました。
まだカタル症状はあるものの、体を動かせるように。
加齢とともに風邪を気力だけで「無かった事」に出来なくなってきています。(笑)


先月下旬に孫が来てくれて、初めてのチャイルドシートを気に入ってくれてホッとしたり。
初めての動物園(東山動物園)に行けてよかったなぁとうれしかったり。(夫は仕事、私は風邪)
娘の旦那さんに風邪をうつしてしまって申し訳なかったり。
でも、娘と孫はうつらなくて良かったとちょっとホッとしたり。
夫に風邪をうつしてしまい初節句に行けなくなってがっかりしたり。
よくなりかけていた風邪をこじらせて、高齢の両親にうつしそうだったり、身体がしんどかったりしたので帰省を延期したり。
洗濯機が壊れたり。(そういえば夫のアイフォンが突然壊れたばかりだった...。)
毎年、結婚記念日から誕生日、母の日と続く私のイベント期間は例年とはちょっと違った趣となりました。

行けなかった初節句にはおうちで夫婦でお赤飯。
IMG_1450.JPG

夫婦で室内にこもっていた連休には夫が私からのリクエストに応えて日曜大工。
IMG_1451.JPG
余った材料でパソコンデスクの下に引き出しを増設。
IMG_1452.JPG

母の日には子供達から。
IMG_1471.JPG
IMG_1473.JPG
石鹸フラワーとテーブルフラワー。
夫が手料理を。
IMG_1475.JPG



昨秋のプチリフォーム以来足を踏み入れる事さえ困難で、必要なものの出し入れが出来なくなっていた一室を少しづつ片付け始めたこの数日です。


そんなこんな日々、テレビやラジオ、ネットにくぎ付けでした。
還暦を過ぎた自分達ですが可愛い孫や子供たちがこれから生きていくこの日本という国、どうなっていくのでしょう?
荷物の整理をしているといろいろなところから整理し忘れていた古い写真が出てきます。
若い頃、子供達がまだ小さい頃の写真を見ながら昔を思い出し「あの頃はいろんなところに安心して連れていけたし食べさせられたなぁ」と。
本当にひどい。
そして、なぜ変われないのかと。
安心して空気を吸って安心して青空の下を歩きたいだけなのに。
誰にも守りたい人や場所、物があるでしょう。
一緒にいたり話すだけで幸せだと感じられる人や時間。
お金では手に入らないものではないでしょうか。
あの人たちは幸せなのでしょうか?
心が満たされているのでしょうか?












nice!(16)  コメント(3) 

37年目 [ちょっとした出来事]

4月29日の結婚記念日に。今年も夫から。
IMG_1429.JPG
IMG_1431.JPG
今年のバラはグラデーション。


タグ:結婚記念日
nice!(11)  コメント(4) 
前の10件 | 次の10件 ちょっとした出来事 ブログトップ